体に美味しい10分副菜

小さい頃は食べられなかったキムチも

今では子供たちの好物に。

 

食べ比べをしてみて、キムチ専門店のカットしていないタイプがうちでは人気。

本格的な味わい+たっぷり入っているので、色々な料理に使っています。

 

 

今日はそんなキムチと子供たちも好きなピーマンを使って

10分で副菜2品。

 

・ほたてときゅうりのキムチ和え

・ピーマンとえのきの煮浸し

 

キムチにきゅうりや大根、魚介類を加えてごま油回しかけておくと

お肉料理のお供にピッタリの副菜になります。

 

煮浸しも加熱後に少し時間をおいた方がより味が馴染むので

朝にサッと作っておくと、その後のゆとりに繋がります。


10分副菜

最近はちょっとした副菜をササっと作っておくことが増えました。

 

今日は、やりいかのサッと煮、枝豆、オクラの茹で浸し。

 

同じお鍋で順に茹でられたり、時間も無駄なく作れる旬のものが

負担なく体にじんわりと染みます。

 

 

あとはお肉かお魚を焼けば良いかな、とか

食事の時間がバラバラでも、安心感があります。

 

食卓に出しても違和感のないガラスの保存容器も便利です。

 


野菜の副菜続いてます

副菜作り続いています。

 

 

ほうれん草の味噌白和え、なすとベーコンのトマトソースがけ

 

 

 

なすトマトはパスタと和えたり、チーズをかけて焼いたり。

子供たちはドリアもいいね〜とのこと。


野菜の副菜

最近は食事の時間がバラバラだったり
外出も多いので、あとはメインをサッと足せるよう

簡単な野菜の副菜を2品ほど作るようにしています。


 

アボカドとカニカマのサラダ、かぼちゃのアヒージョオイル焼き


 

もやしのラー油あえ、きゅうりとザーサイのナムル

 

2品で10分ほど。ハーブはお庭からチョキチョキ。

基本はその日に食べきり、残れば朝食へ。

しばらくこのルーティーンが続きそうです。


サーモンマリネ

淡路産の新玉ねぎをダンボール1箱いただき

今週は”新玉ウィーク”です。

 

まずは、輪切りにした玉ねぎにチーズをのせて焼き、あごだし醤油とかつお節をかけて。

次に、オニオンフライを3回揚げました。(子どもはやっぱりコレが好き)

 

そして本日、サーモンマリネ。

酸味をおさえ、レタスも入れて食べやすいサラダ風にしました。

 

 

タッパーに山盛り作りましたが、カラッポ。

みんなお疲れ気味なので、玉ねぎを食べて疲労回復!


白和え

甘みが増して軸がたまらなく美味しくなる冬のほうれん草。

昨日はおうどんに添え、今日は白和えに。

 

 

1つの食材でササっと副菜。


| 1/1PAGES |

categories

秋元 薫
料理研究家、米・食味鑑定士、ごはんソムリエ。
著書 『帰ってから15分でできる! 夜ラクごはん』(ナツメ社)、『毎日食べたい 混ぜごはん』(すばる舎)

kamado(公式webサイト)
アイリス しあわせおこめレシピ
Yahoo!JAPAN 厳選 米100選
毎日食べたい 混ぜごはん
『毎日食べたい 混ぜごはん』
(すばる舎)
帰ってから15分でできる!夜ラクごはん
『帰ってから15分でできる!
夜ラクごはん』(ナツメ社)